注文住宅は素材選びも自由自在【使い勝手の良い空間作りをサポート】

区内でも人気のエリア

模型を持つ人

車の騒音には注意が必要

杉並区は東京23区の中でも住みやすい地域で、特に中央線沿いには「荻窪」「阿佐ヶ谷」「高円寺」の、住みたい街ランキングでも上位に入る駅があります。また私鉄も区内にいくつか通っていて、交通の便は非常に良いです。ただし、環状7号線・環状8号線・青梅街道など主要な道路沿いの物件にはとても注意が必要です。主要道路沿いはビルが建ち並び、車の走行する音が反響して、音が気になってしまう人もいます。家にいるのは夜だけという方も、寝るときも車は行き来するので眠れなくなる場合もあります。内見だけでは感じにくいのですが、住んでみないと判らないこともあるのです。新築一戸建ての場合はあまり主要道路沿いには無いかもしれませんが、車の行きかう道路沿いには騒音に注意したほうが良いです。

ねらい目のエリア

杉並区で新築一戸建てを建てる場合、土地の価格が気になりますが、2015年の調査で杉並区は1平方メートル当たりの土地単価が、全国で15位に入り、その平均単価は約54万円です。これは年々上昇傾向にある中で、前年比2.81%になります。特に駅周辺の地域は軒並み前年比が5%を上回り、杉並区の人気の高さを表しています。そこで新築一戸建ての場所選びで注目したいのが、比較的上昇率が抑えられ、1平方メートル当たりの単価も区内平均を下回る西武新宿線沿線です。中でも上井草・下井草辺りは土地単価も平均を下回る40万円前後で、近隣には井荻公園や善福寺公園など、緑豊かな場所もあり、住み易さは非常に良いです。周辺には住居も多く、新築一戸建てには向いている場所ではないでしょうか。

Copyright© 2017 注文住宅は素材選びも自由自在【使い勝手の良い空間作りをサポート】 All Rights Reserved.