注文住宅は素材選びも自由自在【使い勝手の良い空間作りをサポート】

環境重視でリフォーム増加

つみき

中古市場の成立

季節によって気候が激しく変動する日本は、湿気が多いという気候上の理由で木造住宅は老朽化すると建て替えることが当たり前とされてきました。最近は木造以外の住宅の増加や耐久性のある木材を使用して住宅個建設によって建て替えからリフォームへの動きが多くみられるようになっています。杉並区は典型的な住宅街ですので木造の一戸建てが多く存在します。日本では中古一戸建て住宅の市場が形成されていなかっため売却に苦労していました。最近は少子化の影響で戸建てからマンションへ移転するケースが増えており、杉並区でも中古一戸建ての売却物件が増加しています。高齢者のマンションへの移動やライフスタイルの変化によって物件数が増大したため中古一戸建ての市場が成立するようになっていますので、売却に際してはマーケットの動きに注目する必要があります。

売り方には注意が必要

中古一戸建てを売却する際にはどのような状態で売却するかを考える必要があります。杉並区は東京都内に勤務する人にとっては通勤時間が少ない魅力的な地域となっています。この杉並区という立地を生かして最適な価格で売却をするためには購入者の最大公約数のニーズを実現する必要があります。内装は購入者が自分たちのライフスタイルに沿ったリフォームをすれば良いわけですのであまり手を入れる必要はありません。しかしながら外装は見た目が肝心ですので場合によっては売却前に手を入れておくことも考えられます。外装は街並みに合っていることで購入者の第一印象としての受け取り方が大きく変わりますので、外装や外構はある程度整備したうえで中古市場に売り出すことも選択肢となります。

Copyright© 2017 注文住宅は素材選びも自由自在【使い勝手の良い空間作りをサポート】 All Rights Reserved.